<< ご心配おかけしましたー。 幻のチョコ解禁 >>

どこの国の子供もかわいい

●ガザ支援の絵はがきが届きました。子供たちの写真がついてます。
ゆいロード店でもバラにしておわけしています。
どこの国の子供もかわいい。売上はすべて食料、物資、医薬品の購入や子供たちの心理ケアに使われます。
http://ccp-ngo.jp/
※この支援はがきは、NHK「スタジオパークからこんにちは」でも紹介されたようです。

●ガザ地区の写真がアップされていました。
http://ccp-ngo.jp/photo-gs0901.html

●パレスチナとのフェアトレード団体、パレスチナ・オリーブさんから資料が届きました。とても良質な石けん、オリーブオイルそして美しいパレスチナ刺繍など。取扱いを検討しています。

昨年、カンブリア宮殿という番組の社会起業家特集でピープルツリーの社長さんがでられた時のDVDを、一昨日やっと見る事ができました。
他にも若い起業家さんがでられていて、私の気持ちを代弁してくれたように感じる受け答えがありました。
質問:なぜ、国内にも困っている人はたくさんいるのに、海外における活動をするのか。
起業家さん:国という枠を外したときに、もっとも優先順位が高いと感じたから。
この社会起業家さんは、かものはしプロジェクトというNPOの代表さん。
カンボジアの児童売春問題に取り組んでいらっしゃいます。

もちろん、小さな経済の中でくらしていけるのが理想ではありますが、私たちが知らず知らずのうちに加担してしまった発展途上国に対しての行為…そのせつない結果に対して、やるべきことが沢山あるように感じます。
そういった国々がもとの美しい暮しを取り戻せたら、本当に自分たちの地域の中オンリーでもいいと思います。

それまでは、地元の小さな経済の中でエネルギーを交換していくことと、遠くの国や地域のこと(その地域の中では言論の自由がなかったり、自分たちが動く事が無理な状況にある場合は特に)両方を大切にしていけたらと思います。
[PR]
by kurin-nachu | 2009-01-31 22:29 | お知らせ!
<< ご心配おかけしましたー。 幻のチョコ解禁 >>