<< 安全な国にシフトする具体策 必見! ap bank 顧問 ... >>

「遠隔地で募金しかできることがない?」とんでもない!

私は、シングルマザーで、6歳の息子と2人暮らしです。
現在、ママと小さなお子さん1名なら、私の小さなアパートでも受入可能だと思い、
個人的に準備しております。

避難や疎開には、色々な意見があります。
・苦しんでいる人、死を覚悟で働いている人を置いて逃げるのか。
・飛行機で石油を使いながら、地元へ様子もうかがいに行けない遠い場所に行くのか。
・石垣島なんて、運賃がかかりすぎる。

…私も随分、悩みました。
ですが、福島出身のスタッフにも相談した上で、もし来れる方がいらっしゃるなら
受け入れたいと思う様になりました。

福島出身のスタッフは、原発から50kmの街が故郷です。
ここ数日聞く彼女の話は、とてもリアルです。
お友達は、その街の病院などで、20km圏内から避難している人たちのケアをしたり、
また、ご家族も再建に向けてがんばっていらっしゃるようでした。
逃げる気にはならない。
もし、逃げたいと思っても、数時間並んで10Lのガソリンしか買えない。

…でも、小さな子供や妊婦さんなど、可能な地域の人からでも順に行ければ…。


これは、福島原発周辺にかぎったことではないかもしれませんが、

例えば、多少運賃をだしてもいいから、奥さんと小さな子供さんだけでも疎開させたい…
石垣島に来ると元気がでる…
そんな方が、念のために…、旅行とでも思って、望んで石垣島にきてくれたら…

被災地や、今後が心配される地域の負担軽減になるのではないでしょうか?

足代をだしてくれる内地の自治体に疎開したい人が、より近くに避難したい人が、
枠にあぶれることなく、その人にとってよりよい場所で避難生活を送れるのではないでしょうか。

今日、田中優さんのメルマガに紹介されていたメーリングリストに登録しました。

私の方での受け入れ詳細がきまったら、またこのブログでもご紹介します。

遠隔地でも、一緒にがんばりましょう!


未来バンク理事長・ap bank 幹事 田中優さんのメルマガより転載。

以下

■□■□■□■

 〜震災復興☆支援チーム〜
★『心援隊』 Re:Birth JAPAN!★
日本は、すばらしい国です
今こそ、心ひとつに、希望を信じて動いて行こう!
◆活動内容
1、募金を集め、被災地へ必要な物資を届ける
2、被災者の受け入れを行う
3、復興支援イベントを行う
4、関西から日本に、元気・笑顔・希望を届ける

代表→南ぬ風人まーちゃんうーぽー(NGO風人ネットワーク代表)
事務局長→Funny!!平井慶祐(写真家)
顧問→田中優(ap bank監事)
呼びかけ人→森源太(ミュージシャン)、おかん(ロックバンド)、
大橋正伸(NPO法人大阪維新会 理事長)、他

☆.「め組JAPANネットーワーク」関西支部として連携して動きます

★☆★☆★☆★☆★☆

◆連絡先〒532-0011 大阪市淀川区西中島1-9-16-201
 NGO風人ネットワーク内 『心援隊』
TEL:06-6101-8818 FAX:06-6889-7731
メール:shinentai@painukaji.com 
HP:http://kajipito.net/shinentai/
ブログhttp://ameblo.jp/shinentai/
Twitter:http://twitter.com/_shinentai/

★☆★☆★☆★☆★☆

◆義援金の受付口座  「心援隊」(シンエンタイ)
 ◎ゆうちょ銀行 普通14100−93145381
  他金融機関からの振込
 ◎店番418 四一八支店 普通口座 9314538
※25%を運営費、75%を直接支援費とさせていただきます

★☆★☆★☆★☆★☆

一緒に動いてくれる仲間を募集中です!
◆メーリス参加登録はこちら
http://kajipito.net/shinentai/member/

★☆★☆★☆★☆★☆

関西だけでなく、全国と連携して動きます
ぜひ、チームに入ってください
また、被災者の受け入れが出来る人や
大型バスや運転手など、探しています
そして、この「心援隊」の募金にも協力よろしくお願いします

よくある、大きな寄付先ですが
実際は、ぼくらのような小さなNGOよりも、かなーり経費にとらて
いるそうで被災地に届く、割合にするとかなり低いそうです
ぼくを信頼していただけるようでしたら、
皆さん『心援隊☆募金』への協力をお願いします

■□■□■□■□■□

いろいろな情報が飛び交いなにを信じていいのか混乱している今。
福島第一原子力発電所で起こっていること
今後の可能性、放射能の特性についてや、対処法も含めた
「今、僕たちに何ができるのか?」
正しい情報を分かりやすく話していただきます。
ひとりでも多くの方に聴いていただけたらと思っています。
まずは知ることから、出来ることから始めましょう。
今こそ心をひとつに日本の未来のために動いていきましょう。

★☆★☆★☆★☆★☆
◆主催:『心援隊(しんえんたい)』 Re:Birth JAPAN!
◆連絡先:NGO風人ネットワーク内 『心援隊』
TEL:06-6101-8818 FAX:06-6889-7731
メール:shinentai@painukaji.com
HP:http://kajipito.net/shinentai/
ブログ:http://ameblo.jp/shinentai/
Twitter:ttp://twitter.com/_shinentai/

★☆★☆★☆★☆★☆

以上、転載でした。

田中優さんといえば、ap bank のアイデアをつくった人。

以下の記事もぜひ、読んでみてください!


小林武史×鎌仲ひとみ×Candle JUNE緊急対談

…反対するというよりは、シフトを促すべき…
…原発を推進した人たちを「あなたたちは間違えてた」と責めるのではなくて、
「電力会社の人たちだって、辛かったでしょう?」と…



一青 窈さんの日記


本日の石垣島アトリエ日記のタイトルは、
3月15日付け 田中優さんブログ
から
 「遠隔地で募金しかできることがない」という声をよく聞きます。とんでもない!
 遠隔地だからできることがあるんです。残念ながら今回の震災には放射能汚染という恐ろしい二次被害がついてきてしまいました。私たちにとっては必然的で、全然「想定外」の事態ではないですが。
 ということは、これから必要になるのは一時的にか長年に渡ってか分かりませんが、被災地の人たちを受け入れられる比較的安全な土地になります。ですから「私の地域で何人、いつまでだったら受け入れられる」と言ってもらえることが一番重要です。本来は政府が考えるべきことですが、…
続きは
田中優さんブログ
で!
[PR]
by kurin-nachu | 2011-03-17 21:31 | お知らせ!
<< 安全な国にシフトする具体策 必見! ap bank 顧問 ... >>