<< お楽しみ劇場 南ののみもの >>

子供とアート

台風、すごいですね。うちの実家の鳥取もすごい風だったようです。
これから台風を迎える地域の方は、外に出ないよう気をつけてくださいね。

今日は、近くの小学校に夏休みの自由作品展を見に行ってきました。
目当ては、合同で展示していた幼稚園の息子の作品だったのですが、他の子供たちの作品もすごくおもしろかった!

段ボールと布で作った豊年祭の旗頭(のぼり)、貝殻をちりばめた海の世界、紙粘土の漁船、海の底で貝を採っている絵…などなど、地域性がでてて、感性もすごく豊か。
著作権のこともあり、写真をここに載せられないのが残念!
そう、びっくりしたのが貝殻に色を塗ったやどかり!しかも生きてた!!!

午後うちに帰ってから、今度の幼稚園のPTAのだしもので使う小道具を親子で作りました。
b0013917_2245875.jpg

感性を刺激されたからか、なかなか楽しく没頭しましたよ!
息子はその後も工作にはまって、夜寝る前まで色々作っていました。

子供のアートって、本当に地域性がでてて楽しいですね!
そういえば、鳥取の実家の近くで保育所の子供たちと「海のなか」をかいた時、みんな魚類に詳しくてびっくりしました。
例えば、寒い地方や山に囲まれたところ、都市部ではどうなんだろう?
みなさんのところでは、子供たちはどんな作品を作るのかな?
[PR]
by kurin-nachu | 2004-09-07 22:47 | アートとUFO
<< お楽しみ劇場 南ののみもの >>