<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

かみなり?

沖縄本島から戻ってびっくり!ネットもメールもつながらず!友人のだんなさん(SE)に相談させていただく。「雷雨ひどかったですもんね。モデムの電源入れたまま出られました?」…はい(涙)。復旧するまで、色々お返事もできずご迷惑をおかけします。ごめんなさい!
[PR]
by kurin-nachu | 2007-06-18 10:08 | 八重山生活

沖縄出張

沖縄本島に子連れ出張してきます。
15〜16日、お店がお休みです。
パパにお留守番をたのんでいます。
明日はお出かけ!と、ゆうとが一番早く寝ました。
[PR]
by kurin-nachu | 2007-06-15 02:37 | お店ばなし

南の島のキャンドルナイト展

イベントのお知らせです☆

タイトル:南の島のキャンドルナイト展
日時;2007年6月19日(火)〜6月30日(土)
※月曜日は図書館休館です。また、22,23日も慰霊の日などでお休みです。
場所:石垣市立図書館展示室

内容:「キャンドルナイト」をテーマとした作品展。
作品は、八重山諸島在住の作家、子供達によるそれぞれのジャンルを問わない表現物(絵画、イラスト、立体など)計20点程度。また、最終日に完成する参加型コラボ作品。「みんなのキャンドルナイト」もあります!

主旨:地球温暖化対策の一つ「夏至の夜に電気を消して過ごそう」といった呼びかけは、現在では環境省も協力する世界的なイベントになりつつあります。
ぜひ、石垣島の皆さんにもこの呼びかけを知っていただき、自宅でゆったりとロウソクで過ごす夜を味わっていただきたいと思い、キャンドルナイトをテーマとした展覧会を企画致しました。

参加予定作家:
野原みどり(抽象画)、井手ふみえ(絵画)、栗村友己(イラスト)、笹原すみれ(手作りろうそく)、山城ちとせ(ワイヤーアート)、神田潤子(絵画)、高島ゆうと(手描きTシャツ)…他、数名呼びかけ中。

期間中イベント:
6月24日(日) 2〜3時 随時可能
展示室内中央にキャンドル工作コーナーを設けます。
みつろうのシートにろうそく芯を巻いて、ちいさなキャンドルを作ります。
火は使用しません。 材料費50円。

(問) 笹原みどり 石垣市登野城889-7-102 090-1168-4341
栗村友己 石垣市大川292 Tシャツアトリエなちゅらる宇宙人内 82-6797

出品者の他、キャンドル工作コーナーの先生をやってくれる方など、ボランティア募集もしています!
ご参加おまちしています!
[PR]
by kurin-nachu | 2007-06-15 02:34 | お知らせ!

キャンドルナイトとTEAM GOGO!!

突然なのですが、キャンドルナイトイベントを石垣島でもやろう!と、何人か集まり始め企画中です。ちょっと出足遅いけどね…、でもやってみよう☆
そもそもキャンドルナイトとは???
詳しくは、100万人のキャンドルナイトをご覧下さい。
夏至の日だけでも、夜2時間電気を消してスローな夜を過ごしてみよう☆
実は、昨年の夏至は日本で4万近くの施設が消灯し、81万Kwtの電力削減。
今年は、6/22〜24の夜8〜10時。東京タワーやエッフェル塔も消灯するんだってね!!
b0013917_1546476.jpg

わが家でも、キャンドルナイト練習中!?必ずユウトと周弥が大声で歌います。

先週近くのカフェ・タニファで、てんつくマン製作の映画上映会があり、周弥連れなので見ることはできなかったのですが、主催者の方が「TEAM GOGO!!」参加を働きかけてくれたのがきっかけで何かやりたくなりました。
「TEAM GO GO」の号外を豪快に配るという活動を知った当初は「?」だったのですが、実際に6/22に配布予定の号外を見て「これは☆」と思いました。知ってるつもりだった環境の話。
もっともっと深いんだって、思いました。しかも、わかりやすい。伝わりやすい。ゴマちゃんの表紙は、どんなタイプのお店においてあっても違和感が無い。
ぜひ、こちらのページからダウンロードして見て下さい☆

実際に道で配ることはできなくても、知ってる人に「よかったらご友人にもどうぞ、って数枚配る」とか、知りあいのお店に「置いてください」っていうことなら出来るかな。
キャンドルイベントと合わせて、何か素敵に楽しいことができればと思います。
こんな企画はどう?とアイデアご提供いただける方、また様々な形でご協力いただける方は、ご連絡くださいね♪
[PR]
by kurin-nachu | 2007-06-06 15:51 | お知らせ!

フェアトレードビーズで

フェアトレードデーのイベント報告です。5/12、インドのタラプロジェクト製のビーズでアクセサリー作りをしました。(アップがおくれてごめんなさい!)
参加者のみなさん、ありがとうございました!本当に、うちの子達も大喜びで…!
b0013917_16481544.jpg


一般的に流通しているビーズや、ビーズアクセサリー(ブランド物も含む)の中には、児童労働によって生産されたものが多く出回っているようです。インドでは、大人の賃金の3分の一で済む児童労働に作業場の主も頼らざるえない状況。業者が、消費者が「安いもの」を追求した結果の一つがここにあります。詳しくは、フェアトレードカンパニー代表のサフィアさんのレポートに詳しくかいてあります。サフィアが行く

チョコレート同様、大好きなものは、作っている人にとってもハッピーであってほしいですよね☆
b0013917_16475856.jpg


アクセサリー作りの後、スワジランドの手作りジャムの試食も。
特にピーチジンジャージャムは大人気!!
スワジランドってどこ?皆、思うよね?南アフリカの小さな国。内戦と貧困によって世界で一番平均寿命の短い国(30代。すみません、詳しい資料貸し出し中)。そこの母ちゃんたちが作ったジャム。
フェアトレードは、エコな視点でみると、輸送で燃料もかかるわけだから、完璧ではないかもしれない。でも、経済の不均衡、不平等を小さくしていくためのものならば、無駄遣いではないし、先進国に住む人たちは積極的に関わるべきものだと思ってます。

ほんと、おいしいんだって!!
b0013917_16473693.jpg

[PR]
by kurin-nachu | 2007-06-01 16:03 | フェアトレード