<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

最近の進化&明日はアンパルで

鳥取から戻り、まだ1週間たちませんが、色んな事がありました。

●鳥取から戻り、数日後にしゅうやの保育園卒園式。
急遽代役で父母代表挨拶。
反省(しょっちゅう遅刻と父母活動にあまり参加できなかった事)と感謝をこめ!
卒園児で内地の名字はうちだけ。島の皆さんとのつながりに、ありがとう。
保育園より、「八重山の昔の苦しい時代があってこそ、私達が今ここで生きられる。」
と思いをはせる時間として、おいもが一口ずつ配られました。
b0013917_20273731.jpg



●その日のうちに、4月からの幼稚園(午前のみ)後の学童保育を下見に行き、即決。
この時期の子供にしてあげたい事、私にとっては、「公文式」とかお勉強じゃない。
早期教育の弊害も知られる様になっていますが、そういうのは、
きっともっと後の時期がいいんだと思う。
決めて来た学童保育は、障害児の預かりもしていて、いろんな子がいた。
大学時代のボランティアサークルむうみんを思い出して、楽しかった。
「最初は戸惑うけど、みんな優しい子になってますよ」という園長に賛同。


●整体師匠の奥谷まゆみさんのブログですすめられてた『断捨離のすすめ』を
読んでみて、いてもたってもいられなくなり、キッチンから着手!!
食器棚とシンクの引き出しからなんと不要品、ごみ袋(大)4つぶん。
この本をよんで、「使わないけどごみになるから捨てられない」と思っていたのが
「たとえ死ぬまで捨てなくても、誰かが捨てにいかなきゃいけなくなる」と気がつき、
執着がなくなりました。捨てないで不必要な物を買い続けるより、
不要品の量や自分の買物の癖をちゃんと反省して、
本当に必要なものだけを買って愛用することが大事なんだなぁ〜。
人にプレゼントするときも、自己満足にならないよう、
もっとその人に役立ちそうな物を考えて贈り物をしよう…と決めました!

b0013917_20271760.jpg

↑それぞれの棚の高さまで何かでぎっしりだったのが、すっきり♪

断捨離をすると、シンクロがふえる、といいますが、早速!

不要で積んだ本、いらない?とスタッフに声かけたら「最近、はまってる人のです!」とか
昔買った染料がでてきたけど染め方のメモなくした…と思ってたら詳しい人と仲よくなったり、
今きれそうなシャンプーの詰替え用がでてきたり(奥に収納してて忘れてた)!
あまり期待してなかったけど、「デトックスすると流れがよくなる」って、ほんとだったー。

片付け以外の場面でも、
昨夜お財布と相談して買うのやめたサニーレタスを、今朝もらいものしたり。
あ、そうそう♪ずっと持ってないと思い込んでたフライ返しがでてきた 笑
嬉しくて今日のランチは島豆腐ステーキ♪


●5/8(土)の世界フェアトレードに今年もイベントをやりたいと思い、
石垣島在住でガーナとのフェアトレードに関わっているやぎちゃん(八木沢さん)を誘って、
昨夜タニファで初打ち合わせ。
彼女は、ふわんとした見かけ以上に面白いアイデアを持ってる。
2年間ガーナで縫製指導していたそう。
そんなわけで、共催決定!今年も面白いことできそうですよ〜♪
詳細近日発表!5/8(土)あけておいてね!各地でもフェアトレードイベントあるはず。
(東京は、今年も丸ビルにて。)



●石垣島の名蔵アンパルは国際的にも大事な場所…という知識はあっても
実際に遊んだことはない私…と、そんなあなたに朗報♪
明日28日にアンパルで遊ぶイベントがあるよー!行こう、行こう♪
以下、主催者さんの文章転載しまーす。

…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

「春休みだ!アンパルで遊ぼう!」   アンパルの自然を守る会 事務局・山崎雅毅

アンパルで遊んだことはありますか?
アンパルは渡り鳥にとって大事な湿地を守るために作られたラムサール条約に登録さ
れた重要湿地です。湿地は「いのちのゆりかご」ともいわれています。湿地は生き物
たちが生まれ育ち成長していく場所です。だからえさを求めて渡り鳥も多くやってく
るのです。
アンパルには「アンパルヌミダガーマユンタ」という古い歌のなかに10数種類のカニ
が出てきます。昔の人はアンパルに出かけてじっくりとカニを観察していたのでしょ
う。いろんな種類のカニの動きや仕草を見てこれを歌にしたのです。今でも古い歌に
出てくるカニはアンパルにいます。
「シレナシジミ」という大きなシジミもいます。昔は沢山いたそうですが今では数が
少なくなってはなかなか見つけられませんが、まだ絶滅はしていません。ガザミとい
う大きなエビの仲間が日本一大きなシレナシジミを食べていのだそうです。
トントンミーというかわいい愛称のあるハゼの仲間は今でも沢山います。ハゼの仲間
だけでも30種類以上がアンパルにはいるそうです。
マングローブの木の下には、マングローブの落ち葉を食べる「キバウミニナ」という
貝が沢山います。以前はアンパルにいなかったのですが誰かがアンパルに持ち込んだ
ためにものすごい勢いで増えています。
アンパルで遊びながらいろんないのちが生まれ育ち成長している姿を見て見ましょ
う。水も温かくなってきました。少しくらい濡れても大丈夫です。みんな魚とりの網
をもってきてください。捕まえたかカニ、エビ、貝、魚などの名前を講師の先生たち
に聞いてみましょう。出来ればお父さんお母さんに頼んでカメラで写真に撮ってもら
い、どんな生き物がアンパルにいるのか記録していきましょう。
お弁当をもって来てアンパルでお昼を食べましょう。おじいやおばーからアンパルの
昔話を聞いてみましょう。

日  時 3月28日(日)午前11時集合
集合場所 名蔵大橋駐車場
講  師 廣川  潤(元八重山栽培漁業センター場長)
     藤本 治彦(八重山商工高校教員、生物担当)ほか
 服装 濡れてもよい靴(サンダルはダメ)長ズボン(怪我の防止のため)、着替え
 持ち物 お弁当、水、魚とり網、観察用ケース(アクリル製の虫かごでなど)、カ
メラ
 参加費 100円(保険料など)
連絡先 山崎雅毅 090-6785-8692
[PR]
by kurin-nachu | 2010-03-27 19:09 | 八重山生活

鳥取帰省

18日より鳥取に帰省していました。二年半ぶり。
明日22日に戻る予定です。

なちゅらる宇宙人ゆいロード店はスタッフのみんなで元気に営業中です。

周弥は生まれてはじめて雪の中で遊べ、
今日は空から降るあられに感激していました。

b0013917_20342543.jpg


入院中の祖母にも会えました。
自分のルーツのある神社にもお参りできました。

親戚もみんな少しずつ年をとり
これからつきあう現実も変化しつつあることを感じ、
それは感謝の旅でもありました。
遠方ですが、これからは出来る限り孝行したいです。

1番大きな変化?は
私が小さな頃は数件隣の小さなラーメン屋さんだった
「香味徳(かみとく)」が鳥取県中部の牛骨ラーメンブームの
リーダー的存在で、石垣島の辺銀食堂なみにフィーバーしてたこと。
びっくりしました。並んだよー!
機会があったらよってみてね。
おいしかったです。
[PR]
by kurin-nachu | 2010-03-21 20:24 | 鳥取

周弥くん大活躍&米原の砂浜

最近、お手伝いをがんばってくれてる周弥くん5才。
わが家の布団ひき係。料理も上手です!
↓ひき肉とトマトとズッキーニのパスタを味付け中。
b0013917_20224682.jpg


川平に引っ越したスタジオマーペーの深澤さんが、
ご近所さんから仕入れた地産の野菜を、ゆいロード沿いの店舗等に
売りにきてくれるようになってからというもの、フードマイレージの低い
新鮮野菜のメニューが作れるようになって有り難いです。

さて週末、どこに周弥と遊びにいこうかね…とちょっと考え
「周弥は、保育園でどんな遊びがすき?」
「お絵描き…と、あなほり〜〜!!!!」
おおっ!穴掘りとは渋い!!でも子供ってシンプルな遊びも好きだよね。

穴掘り…砂場のある公園…って意外とないな…
そうか衛生管理大変だもんなー…
ん?石垣島には砂浜があるから、砂場なんかなくてもいいんだ〜!

というわけで、日曜日の午後は米原の砂浜で過ごしました。
b0013917_20231172.jpg

自作のお面をなぜか持参する周弥。
b0013917_20232860.jpg

↑この穴は?何が住んでいるでしょう?

土曜日の日記で昨年の米原の画像をアップしたから、
やっぱり行きたくなっちゃったのかも。

北風を心配したけど、この日は風もなく春の暖かい静かな浜辺でした。
砂に足をうめて…紅茶とドーナツ、幸せでした〜。


周弥も思う存分、穴掘りできて満足した様子。
b0013917_20235494.jpg

↑完成した「落とし穴」に自分ではまり、ご満悦。


こんな米原の静かな海も、
大型リゾートができちゃったら騒がしくなっちゃうのかなぁ。
多様な生物たちは、逆に静まりかえってしまうかもしれない。
今は、計画も休止中…というか水面下で動いているようだけど、
どこかの企業のものじゃなくて、みんなの安らぎの場所であって欲しいと、
切に願います。


日曜は春。昨日、月曜はまるで夏のようでした。
仕事の合間に、氷ぜんざいもどき作って涼んでました。
で、扇風機つけて寝ておきたら、今朝…また冬にもどってるぅ〜!!

というわけで、今夜はてびち(豚足)のはいったおでん、です。
b0013917_20241726.jpg


※画像の穴には「ユーレイガニ」がお住まいの模様♪
この住まいの断面図をイラストで描いてみたーい。
資料をご存知の方、教えてくださーい。
[PR]
by kurin-nachu | 2010-03-16 20:25 | 八重山生活

さんご礁とゴルフ場

b0013917_1358416.jpg

もうすぐ海の季節だ♪嬉しいな。昨年撮った米原での写真。
人工物が少なく、静かで落ち着け、小さな子供たちも安心して自然を楽しめる優しい海。
b0013917_13582318.jpg


b0013917_13591724.jpg

こちらは名蔵。礼文島時代の友人が東京から遊びにきた時。
よく考えたら、都会にいるとこういう遠景ってなかなか望めないかも!?

…☆… …☆… …☆… …☆… …☆… …☆… …☆… …☆…

この一週間、春になったり、冬になったり、夏になったり、の石垣島です。
皆さん、お元気ですか?
今週は3日間、ゆいロード店に立たせて頂き、とても楽しかったです。
ありがとうございました☆

しかし、一歩現実に戻ると切ない…。
確定申告の準備が大変、ってことだけじゃなくてね 笑。
こんな時こそ、ネガティブな事に飲み込まれないよう、元気だしていかなきゃ、なのですが。


現在、石垣島は大きなゴルフ場はないんです。

リゾートなら、「あって当然」のものが 無いことによって
「ここにしか無いもの」が守られていた部分があると思う。

・国際的に重要な湿地を保全するラムサール条約に登録された  名蔵 アンパル
・「ミシュラン・ グリーンガイド・ジャポン」フランス語版で、最高の「3つ星」に格付けされた川平湾
・同様に「2つ星」に格付けされた石垣島 ←これって凄くない!?石垣市、全体だよ!!

ゴルフ場…造る時に、自然が開発され壊されてしまうのも、もちろん心配なのですが
緑の美しい芝のために撒かれる農薬は、農産物のように規制が厳しくなく、相当なもののようです。

最近では、「ミツバチが世界から消えた(あらゆる生態系にとってのピンチですよ〜)」 のは
「ネオニコチノイド」という農薬が原因という説が有力になってきているようですが、
そのネオニコチノイド、ゴルフ場でも沢山使用されているようです。農産物以上に。
※フランスではネオニコチノイドは使用禁止。
生物、人体(特に神経系)への影響も懸念されています。


今年にはいってから、
石西礁湖再生協議会」のワークショップや、総会に初めて参加させてもらったんですけど、
八重山諸島のさんご礁の危機的状況(オニヒトデ大発生など)の原因は、温暖化、の他に
「陸域での人間活動」が大きな影響を及ぼしている、ということがほぼ定説となっていました。

陸域での人間活動…
・農業や建設業による赤土の流出
・生活排水
・農地から流れ出る化学物質(農薬)  など


新市長中山さんのマニフェストには、
「珊瑚礁の保護、保全事業を導入し、自然環境資源を守ります。」
とある。素晴らしいですよね。
観光業、すべての市民の生活を守るためにも、必要なこと。

でも、マニフェストの同じページに
「ゴルフ場建設を推進し、より広範な来島客を獲得します。」
とあるんです。

せつない…。

b0013917_1359186.jpg

夕日。これも昨年、バンナ公園北口の展望台から撮りました。
ゴルフ場の建設予定は名蔵にもあるようです。

みんなで、だしてみませんか???  3/20まで。様式、そんなに難しくなかったですよ♪

石垣市観光基本計画(案)について市民みなさんのご意見をお寄せください

b0013917_13593450.jpg

[PR]
by kurin-nachu | 2010-03-13 12:14 | 八重山生活

『美味しんぼ』とおすすめイベント

石垣島に住んでもうすぐ6年。手がつめたい。かじかんでます。
「手袋が欲しい!!」と思ったのは初めてかも。

さてさて、そんな中おすすめイベントふたつ。

…☆……☆……☆……☆……☆……☆……☆……☆…

3月11日(木)午後6時開場 石垣市民会館中ホール 
講演「戦争、人間、そして憲法9条」
講師 品川正治さん

講師の方は、中国戦線に出兵し、散弾の破片を体内に残しているそうです。

今日の八重山日報に、このイベントの誘い記事も載っているんだけど、
同じ面に、正反対のことを呼びかけしてる?ともとれる記事が載ってる。

…軍事が理論上必要なんだ、って人は
まず一度、前線を体験してから言わないといけないのかもしれない…。

…☆……☆……☆……☆……☆……☆……☆……☆…

先日、うちにある機器の点検員さんがきた!と思ったら知り合いMさんで、
お仕事の後、すこしだけゆんたくしましたが、
「軍事は結局テロリストを生むだけ。中東とかみたらわかる。
軍事じゃ解決できないって、いい加減理解しないと。」
「(様々な公共事業について)無駄なことに国費を費やして、国力が衰えてる。本当に危ない。」
などと、なるほど男性らしいご意見を頂きました。

ちなみに上記二つめの発言は、最近読んだ本のキャラも同じような発言をしていて、
Mさん、なかなかやるな!と思いました。
b0013917_1853068.jpg

最近よんだ『美味んぼ104巻』最新刊です。

これ、昨年ちゅらしまecoフェスタにゲストできてくれた田中優さんも
登場人物として出てるときいて(似てた!)、やまだ書店で買って読んだけど、

すんごい内容だと思ったよ!!!!!!!
b0013917_1854946.jpg

やるなー!小学館〜〜!!!!!
(でも、本当はもっともっと言いたい事もあったはず。)

日本に住んでる人、一読すべき!
みんなが出し合ったお金…税金の使い道、もーほんとーーーに!!!
賛否両論さておき、まずは一読!!!
子育てしてる人も、ぜひっ!必読!!


…☆……☆……☆……☆……☆……☆……☆……☆…


二つ目のイベント

3月12日(金)夜7時半〜 白保公民館にて
白保学講座 特別講義 
兵庫県豊岡市コウノトリの郷公園の研究員菊地直樹さんによる講演会

主催者の方よりのメールより呼びかけ文を転載。

……………………………………

豊岡市は、野生のコウノトリが最後まで生息していた地域で、絶滅後も繁殖、
野生復帰に取り組んでいます。
野生復帰の過程で、かつてコウノトリが生息していた環境を取り戻すため
生産農家が協力して「コウノトリ育む農法」に取り組んでいます。
この農法は、おいしいお米と多様な生物を育み、コウノトリも住める豊かな文化、
地域、環境づくりを目指すための農法です。
菊地さんの来島を機会に、石垣島の農業と野生生物が共存でき、
しかも、農産物に付加価値を高める可能性について考えて見たいと思います。

以上
……………………………………


この「コウノトリ」、石垣島では例えば「さんご礁」に置き換え読むことができます。
さんご礁も危機に瀕しています。

さんご礁がなくなっちゃったら、周囲の生き物みーんなこまっちゃうんですが、
人間でいうと、誰が困るんでしょう???

海人、魚を食べる人たち
観光業に携わる人(アルバイトさんたちも)、
上記の人たちをお客さんとしているサービス全般
…ということは、島内で何かのお商売している方、そこにお勤めの方、
また農業をしている方も…ですね。

島の外にお住まいの方、たとえば東京にお住まいの方に影響はあるのかというと、
旅行者の方、旅行業者の方だけではないですよね。

黒潮の源流に近い、石垣島周辺の珊瑚礁は、
潮の流れにのせて、日本近海の生命にたくさんの恵を与えています。
川の上流がおかしくなると、もちろん下流にも影響が。
まさに『美味しんぼ』の世界、「食は我々が口にする環境問題」(オビより)


…☆……☆……☆……☆……☆……☆……☆……☆…

そんなわけで、両方おすすめのイベント!
お近くの方で、お時間許す方はぜひ行ってみてください。
私もぜひ両日行きたいところだけど、
子育て世代には参加が難しい時間帯なんだなー!

このブログを見て下さってる方にも同じ思いの方も多いかもしれない。

そういった世代の方にもご参加いただけるような何か、考えてみます。
[PR]
by kurin-nachu | 2010-03-10 16:56 | お知らせ!

石垣島政権交替

今日は、十六日祭り。
あの世のお正月を、お墓でご先祖様たちとお祝します。
なので、周弥くんは、おじーちゃんたちとお墓に行ってます。
私も一度だけ参加したことがあるんだけど、ちゃーんと
ご先祖さまのご馳走、更にお箸なども用意するんですよー。
(島の方にとっては、ごく当たり前なのです♪)

昨日は、津波警報、市長選投開票、十六日祭りの準備で市民はてんやわんやでしたねー。
近くのハッピーマートほんなや、呉屋商店も
今朝は忙しそうに小走り気味の地元のお客さんでいっぱいでした。
b0013917_18423843.jpg

↑画像は、行事ならでは。ピンクのかんてん〜たくさーん♪

昨夜も周弥がおじいちゃんちに行っていることをいいことに
☆大人のカレー☆を作って楽しんでいました。
b0013917_1842317.jpg

重ね蒸し。下から、少量の水、昆布、トマト、人参葉、じゃがいも、大根、玉葱、人参、天然塩。
「カレーの壷やさい」と「マリオさんのココナッツミルク」を加えて(ともにフェアトレード商品♪)
エスニック料理屋さん風カレーの完成〜♪♪うまかった!!!(最後の飾りも人参葉)
トマトの重ね蒸しは実は初めてで、あれ順番どこ?と思って
『わらのごはん』本で確認したら、基本のページにこんなメモ書きが…
「2000,5,23 初重ね煮 野菜の水分の信用できること!感動!」
…そうか、途中お休みもしたけど、私は重ね煮歴10年なのかー。

10年…  私は10年日記をつけてるんですけど(休みがち)今、4年目。

2/28のページがあって、そこに10個(各年)のスペースがある。

去年のスペースには、初ふんどし♪つけて(はやってるんだよ、皆、知ってる?)
双葉公民館に民主党の岡田克也氏の話をききに行ってみた…と、ある。
まだ民主党、政権交替前でした。

そして、今年のスペース。石垣島が政権交替。革新→保守。

新市長の中山さん、とっても人柄のいい、仕事ができる人です。
(ちゅらしまecoフェスタでの打ち上げでは色々話もきいて頂きました。)

そんな中山さんに期待しての票。
現職の長期政権はもういいよ、との票(確かに弊害もあった)。
プラス、
開発したい人たちや、先島軍備に積極的な人たち、それにより私腹が肥える人の票が
(そういう人たちにとっては大変じゃまな、
風景条例制定に積極的だったり、9条の会にもはいってる現職市長でした)
同じ方向にいっての大勝利!!!

…ってのが、私にとって本当に複雑です。

そして、素敵そうな中山さん自身をなかなか信用しきれない。
中山さん自身も、ちょっと「人に受けないな」ってところは、隠し気味でしたから。
(ゆいロード店での珍回答のとおり)

中山さん陣営は、「田母神講演ではたいした内容の挨拶してない」と主張してますが、
本気で「核廃絶を政策にうたう人」が「核武装論者」の講演で挨拶したりしないと思う。
(you tubeにこの時の挨拶内容のみをアップしてますが、田母神講演もみないと
いったい、どんな内容にお礼の挨拶をしたのかがわからない。判断できないよ〜!)

今回、初めて市議会の議事録(昨年6月)とかみたけど、何だーかんだー言って、
自衛隊(が島にくるの)反対集会に参加した現職をめっちゃ批判してるよ。

自衛隊の先島配備だなんて、どこからわいた話ですか?下地幹郎(衆院)議員は、そういった
安心できるような話もしていけたら、っていってるだけじゃないですか…っていう風に。
市議会議事録の右下の質問をP.165までクリック!

でも、実際に、この市議会後の夏に、与那国島は「自衛隊誘致」に動いた。
議会での中山さんの発言にでてきた下地幹郎議員は今年も積極的に配備に動いてる。
中山さんが議会発言の中で「下地先生」って呼んでる下地幹郎議員についての雑学

他にも、「もしかして中山さん、空港跡地を平和利用したくないの?」って
疑ってしまう内容も市議会議事録にあり。

中山さんは自身のブログに、「自らは誘致しない」って明言してくれてますが、
保養にくる程度ならいい、とも言ってる(新聞等で。私も本人から直接ききました)。

この辺りの動きは、ちゃんと、知っておいた上で、新市長を応援していかないとね。
「軍事」って、少しづつ慣らされて、軍需産業にいつの間にか投資してしまうものだから。
軍事と開発とビジネスって、いつでもどこでもピッタンコ!!!だ。

建設業界でなりたっている島という側面もわかっているけれど、
田中優さんが関わってる「天然住宅」のような方向性ってないのかな???

中山さんは、もうどこかの陣営の代表じゃない。
大浜さんを応援した市民たちも含めての代表になるんだ。

みんなでみてるよ〜!よろしくたのむよ〜!

10年日記が、より嬉しい内容であふれますよーに。

自衛隊の皆さん(自分の親戚にもいる)に日頃の救助等の感謝もこめ、
いつか「特別救助隊」みたいにな名称になる世界がきたら、本当に嬉しいな。
[PR]
by kurin-nachu | 2010-03-01 18:46 | 八重山生活