<   2010年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

石垣島からオリジナル&エシカルな商品を!

またまた一週間後のリポートとなってしまって申し訳ないです!

5/23(日)、美崎町のBAR NOBUさんで石垣スパイスマーケット参加店舗の交流会がありました。
1月の小田急新宿店で苦楽をともに過ごした店主仲間(先輩方)との再開、嬉しかったです!
私は期間の後半に上京していたので、前半上京してた方の中には今回初めてお会いする店主さん
もいて、本当に感謝感謝でした。イベントを片付けるより、準備する方がずっと大変ですもんね〜!
また、新しくメンバーに入られる店舗さんもいて、新しい出会いにわくわくでした。

ちなみに、この石垣スパイスマーケットのテーマは「石垣島からエシカルライフを発信」。
この説明会をきいた昨秋は「エシカル?倫理的?そんな言葉、ほんとに流行るの〜??」なんて思って
ましたが、ファッション業界などでは、もはや常識なんですねー。
ピープルツリーとコラボしている女優のエマ・ワトソンさんもエシカルファッションについて語ってくれてます。

そんなわけで、このスパイスマーケットに参加の店舗はエシカルな視点を持った石垣島の優良店
といえると思います。環境に配慮した農業や加工方法、自然をモチーフにした創造、アクション!!
なちゅらる宇宙人に通ってくださる方にとっては素晴らしい情報が今日はもりだくさんですよ♪
b0013917_1043253.jpg

会場のBAR NOBUさん。おしゃれで高級感あふれる店内には、メンバー持ちよりのお料理が。
今回は、BAR NOBUさんご提案により交流会が企画され、商工会の平田さんによる呼びかけで
開催されました。皆が持ち寄ったごちそうでいっぱーい。ただ、私が唯一悲しかったのは、この後
周弥くんを車で迎えにいかなくちゃいけなかったので、飲み放題に参加できなかった事。メニュー
の中にスパークリングワインとかあるんだもん!素晴らしいNOBUさんの大盤振舞いを…見てるだけ〜。
b0013917_104977.jpg

そこを癒してくれたのがハワイアン・グロットさんの手作りクリームブリュレ♪激うま!!
外はぱりぱり、中はクリーミー♪谷村新司さんも大ファンだという「黒糖ジンジャーシロップ」使用!
手作りの優しい甘さはお料理やドリンク、お菓子作りに私も常備してお世話になってます!

ちなみに、私は何をもちよったかというと、「重ね蒸しの根菜サラダ」。久しぶりにたっぷり重ねて
充実感!自然の甘みがでるんだよ。皆さん、食べてくださったみたいで嬉しかった〜。
それと、フェアトレードのドライマンゴ。更に、これはご参考にと思って、店舗で取り扱っている
来間島で生産された有機無農薬栽培のマンゴーを使用したジャム。マンゴーって無農薬では
とても難しく、石垣島では流通はまだのようなので持って行ってみました。

b0013917_105304.jpg

(画像が見づらくすみません)

さて、飲んだり食べたりしているだけでなく、ちゃんと報告会&全員一言コメントも。
画像の立って話している左手の男性はティーラ・アースの平良静男さん。
私は、東京の小田急で初めてお会いしたわけですが、もう、声を枯らしながら皆の商品を販売
していて、大変心をうたれてしまいました。(それと、サンシャトーの今村さんのダジャレとフリー
フォールスさんのサロンパスだらけの足にも心をがつん!とやられました!)
静男さんは「異業種間をつなげて、もっと石垣島を魅力的に!」と大変アツい方なのです。賛同!!

私は、後ろ髪をひかれながら交流会会場を後にしたのですが、お家に戻ってからツイッターで
衝撃ニュースを知った訳です。なんと、石垣スパイスマーケットが組織化!役員も決定!!!

ますます面白いことになってしまいました!
普段は島内にいてもなかなか会えない店主同士が、島の活性と地球のエシカルライフを
願って一緒に何かできる。日常的には考えや支持するものが違っても、ここではメンバーです。
店主というのも孤独な悩みありますから、本当に貴重な存在だと思いました。しかも異業種!

これからの展開がとても楽しみです。では、この日集まった店舗さんをご紹介♪(敬称略)

ティーラ・アース島藍農園BAR NOBUフリーフォールスハワイアングロット
宮良農園もだま工房ゴーヤーカンパニー大田民芸アヴァンセ海講座
ピラッカ舎タウンマネジメント石垣石垣市商工会
(…メンバーの方、書き漏れがあったら教えてください!!)

石垣島でのおみやげや、体験、飲食店を選ばれる際にご参考になさってくださいね♪

石垣島なんてなかなか行けないという方に朗報♪
ティーラ・アースさんが、伊勢丹新宿店にて5/31〜約一ヶ月間、期間限定ショップオープンです。

ティーラ・アースさんは、石垣島の自然をモチーフにした美しいジュエリー。アクセサリー業界というと
多くのブランドが海外の工場で搾取したり、児童労働を使ったりとアンフェアな一面もあるのですが
こちらのお店は、なんと石垣島で製作しているのです♪社内で商品を製作してるって珍しいそう。

実は近々、テレビで購入できる貴重な日があります。要チェックですよぉ〜!

さてさて、本当はこの交流会直後にリポートをアップしたかったのですが、この1週間は多方面?で露出が
多くなってちょっと忙しくしてしまいました。TV、新聞、新聞、新聞…。(あ、全部地元ね!)
見たよ〜!と声かけられること多数。

八重山毎日新聞のオーライ(毎週木曜)にオーガニックコットン記事掲載!周弥くんの写真いり♪
南西Tシャツ倶楽部(Tシャツ組合)のもちまわり連載が掲載されました♪会員の皆様に感謝!!
そして、同じ面にティーラ・アースさんが載ってたのも嬉しかった♪

それと…株式会社石垣市役所(中山市長の基本理念の言葉)の社長さん(市長)の件です。
盗用抗議集会の呼びかけが八重山日報にでてたのと、友人の誘いがあったので行きました。
そしたら翌日の新聞(2誌)に写真がのっちゃった。どうせ載るなら、もっと堂々と載ればよかったな。

私はあくまで一市民として「株式会社石垣市役所」に、詐欺や不良品をお客さん(市民)に押し付けて
ほしくなかった。だから、その社長(市長)の友人が知り合いに多くても、不利益覚悟で市民集会にも
行ってみました。その後「市長はきっとはめられたんだよ、かわいそうだよ」という声もあったけど、例え
盗用が誰かにはめられたのだとしても、市長が「自分でかいた」と嘘をついてた事にかわりがありません。
どうしても彼にまともな政治家として頑張って欲しいという愛と石垣島への気持ちがあるのなら、やはり
盗用した施政方針演説はすぐにでも書直してもらうようお願いするべきだと思います。
(本来は社長…市長が知らなかったのなら、気付いた時点でそうして欲しい。)

※「引用」は、出典をあきらかにする必要あり。市長の演説は自分でかいたといったので「盗用」。
発覚してから出典元に承諾をとったとしても、それまでの盗用事実はきえないそうです。
※小田原市から盗用した施政方針には「市街地を流れる川」など不自然な記述あり。どこ、それ??
市長は一年間このままでいいと言いますが、納得できない市民、たくさんいますよ〜。

もちろん、市長一人でやってほしいというのではなく、多くの人が良い形で手伝ってあげればいいと
思います。就任したばかりの新市長に、それができる情熱はあって当然だと思います。
できなければ…どうなんでしょうね???  多くの市民が注目している所です。

石垣スパイスマーケットのメンバーは皆さん、素晴らしいオリジナル商品をつくっています。
株式会社石垣市のトップの方も、自信作が不良品だったと認識したなら、独善的な判断をするのでなく、
ぜひ民間目線・市民目線で、市民の声を聴いて、新しいオリジナルを提示してくださいね!!

石垣スパイスマーケットの交流会を後にする時、BAR NOBUさんから素敵な石けんが!
この石けんの発想にびっくり!勉強になりました〜!
私も、スパイスマーケットの皆さんに負けないよう、素敵なオリジナル商品を開発していこうと思います♪
[PR]
by kurin-nachu | 2010-05-30 23:05 | 八重山生活

エシカルな市政を!!!

庭に咲く月桃。つぼみから花へ。
b0013917_10284799.jpg


エシカル…倫理的、道徳的

この言葉は、「ロハスの次にくる言葉」として、商工会主催石垣スパイスマーケットの説明会で
小田急百貨店のバイヤーの山本さんから、初めて教わりました。
山本さんは、この説明会の中でフェアトレードも紹介していて、なんと私のオリジナルTシャツに
使わせてもらってるPeople Treeブランドとも取引があるそう。
「石垣島からエシカルなライフスタイルを発信する」石垣スパイスマーケットは、第一回をお正月
に新宿小田急百貨店で成功させて(私も出品&お手伝いに。お世話になりました!)、約半年後の
昨夜、美崎町のBar NOBUさんで報告&出品者交流会。とっても有意義でした。

で、今日はこのスパイスマーケットについて詳しくかきたかったんだけど、石垣島でエシカルならぬ
事が起きてしまった。「エシカルなんて言葉、本当に流行るの???」なんて友人と話してたけど、いまや
エシカルショップの一つとして存在するなちゅらる宇宙人のオーナーとしてはスルーできなかったよ。

TVの全国ネットでも取り上げられたそうですが、「石垣市長の施政方針演説引用問題」

今日は議会で取り上げられるということで、「市民はみてますよ!」と訴える意もあり、傍聴してきました。
ツイッターでもつぶやいていたけど、私がこの「たかがパクリ」「たかが政治家の嘘」をスルーしなかった
のは、理由があります。

もう市民に嘘をついてほしくないから。(ばかにしちゃだめです)
いまだ市長が嘘に嘘を重ねているとしても、そうでないとしても、それは明らかになるべきだから。
政治家の嘘は、戦争にまで発展している例もたくさんあります。私は危ないことだと思う。
もし嘘を常用されたら、それって詐欺???だますことになるよ。犯罪じゃないの???
そんな石垣島であって欲しくない。
中山さんの揚げ足をとったり叩きたいわけでなく、今後市長として信頼していくために。
エシカルな市政を頼むよ〜〜〜!!!!!そんなわけです。

実は、市議会なんて今日が初傍聴。おとなりのおじさんもそうでした。
観客席(傍聴席)の誰かのつぶやきに妙に納得させられたり、休憩中のアルプススタンド(傍聴席♪)
と選手(議員)の声のかけあいが面白かったり、審議中も「おいおい、そのボケはないでしょう!」といった
議場内全体の失笑?もあり、それから「おれは市長を応援しにきた!」という市民(どうやら酔っぱらい)
が、傍聴席でさわいで「発言できませんから!」と何度も注意されたり、報道にはあがらない部分も見れて
発見がありました。TV中継でも色々わかるけど、生観戦もお勧めだと思いました。


以下は、はしょってますが、今日の石垣市議会はこんな感じでした。
議事録には載らないことも見聞きできました。

………………………………………

午前中。10時に議会が始まって30分後頃。
野党議員何名かが「緊急動議!」「緊急動議!」と求めると、与党議員が「休憩!」「休憩!」
で、休憩にはいった。20分後、始まらない…30分…40分。与党議員が帰って来ない。
傍聴席にいる市民たちが、「いつまで休憩してんの!?」「与党審議拒否!?」「時間稼ぎ!?」と騒ぎ始める。
与党控え室は扉がしめられ、与党議員と市長と議長が籠っている。1時間はたったと思う。
傍聴席の市民たち数名が、議長に抗議。説明を求める。なぜ再開時間を決めないのか?とか。
もちろん抗議してきいてもらえると思ってはいないけど、市民の意思表示。税金払ってるのは彼ら。
「今日午前中に仕事休んで、給料でてないぞ。あなたたち税金からお給料もらってるでしょ、
休憩ばっかしてないでちゃんとやってよ。」これらは市民のつぶやき。
市長が部屋からでてきて審議再開?と思えど、階下にいってしまった。

結局再開されたのが、昼休憩12時の7分前。
で、また野党議員何名かが「緊急動議!」「緊急動議!」ともとめると、議長はとりあえず、
「今はとりあげない、あとで」といった説明。それに野党が猛抗議。
その間も、与党のパンチパーマ議員が「休憩!」「休憩!」
休憩しすぎ〜!!と傍聴席の市民のつぶやき。(発言はできないからね。)
で、緊急動議要望を全くとりあげようとしない議長に抗議し野党議員全員が退席。
中山市長は登壇して話はじめていたものの数秒でカット。
与党議員「失礼だろ!!」
野党議員(退席しながら)「嘘ついてたほうが失礼だ!!」
皆さんはどう思われます???そんなわけで午前中の議会は空転。

午後3時より、再開。
議長の進め方に対する野党の抗議。それに対する説明。納得できない野党全員退席。
議長、野党がいない中で、すすめていく。
中山市長が登壇。謝罪。非を認めた内容。でも、あまりに短すぎ!?
傍聴席もざわざわ。…だからかどうか、わからないけど再びマイクの前に中山市長。
「市民を裏切ってしまった」と認めていたよ。

で、中山市長が席に戻ると、野党議員がもどってきて(彼らも外で聴いてはいた)再開。
その後、「緊急動議」が認められ、今回の引用問題の真相を究明する「100条委員会」の設置
も審議の結果、賛成多数決定。とりあえず「ごめんなさいではすまされない」事になりました。


私は、とりあえず委員会設置が決定となって良かったと思ってます。
市長のためにも。そして私達市民が誰かに主導権を預けっぱなしにしないためにも。

余談ですが、中山さんに関する事って昔の恋愛を思い出させられる。笑&汗。
今日は一日、怒&がっかりだけど、明日からは仕事がんばろう。
[PR]
by kurin-nachu | 2010-05-24 22:30 | 八重山生活

おまたせしました報告その2☆石垣島フェアトレード祭り

石垣島、暑くなってきました〜!てぃ〜だ、かんかん!!前回の日記から随分、日があいてしまいました。
5月はいつもより沢山、お店のシフトにはいっていたのですが、島のお客様、観光のお客様ともに沢山
ご来店いただき、おかげ様でとても忙しくしておりました。

かれこれ二週間たってしまいましたが、5/8(土)の石垣島フェアトレード祭りの報告の続きです。

●この日、15時からは西アフリカの太鼓:ジェンベの演奏♪
b0013917_17293953.jpg

キースくん、のんちゃん、あきらくん、パワフルな演奏をありがとう〜!
のんちゃんより、「流行ってしまった太鼓原料調達のために伐採が進んでしまったお話」もありました。
そこで、のんちゃんの太鼓はフェアトレード品!!だそうです。自然と共生する響き♪
この時の演奏を、ご近所のRさんがyoutube で動画アップしてくださっていました。有難うございます。

b0013917_17295956.jpg
キースくん、どこからともなく現れたやまんぐう(やんちゃ小僧)のアドリブ(ちょっかい?)を上手く
演奏に取り入れ、きかせてくれました!すごい〜!!
キースくんは、昨年のライブペインティングの時、うるべでお世話になって以来のお友達。
その後、うるべは更によい感じで改装されています。不思議空間に遊びに行ってみてください♪

●続いて、お話会「ガーナから知る国際交流」。
ガーナ支援交流協会の八木沢寿子さん(やぎちゃん)がガーナクイズを交えながら話してくれました。
b0013917_17283033.jpg

生まれた曜日によって、ニックネームが決まるというのが面白かったです。
ガーナの問題は、HIVやマラリア。HIVの感染者や障害者には仕事がなく、通常は物乞いで暮らすしか
ないそうです。そこで活躍するのがフェアトレード。青年海外協力隊員として、やぎちゃんは主に縫製を
ガーナで教えていましたが、今も生徒たちの手作り作品を商品化して、ビジネスにチャレンジしています。
現在は、石垣島ではアフリキカロさんで取扱いがあります。大川の中村ざっかさんの2Fです。
(なちゅらる宇宙人では6月頃から販売予定です。)
今回は、ガーナについて知りたい人、国際協力について何かやってみたい、という人にぴったりのお話会!
またチャンスがあれば、詳しい体験談(現地でのやりとりに関するエピソード)についても伺いたいです。

5月20日付け八重山毎日新聞のカラーページに、ガーナ支援交流協会のやぎちゃんとしゅんさん
(菅野芳春さん)が紹介されています。しゅんさんは、現地での功績が認められて日本人ながら
副村長になってしまった人。今は、ガーナでのさとうきび加工を実現するため、小浜島に留学?中
なのです。やぎちゃんは染めと織りを学ぶ為に石垣島に留学中。こうして考えてみると、八重山諸島
って、手技の大学みたいな地域として、より活性化できるかもしれませんね!!


●今年も親子コラボアートTシャツ展にかわいい作品が集まりました。
フェアトレードのオーガニックコットンTシャツに、親子で思い思いにデザインを加工してもらいました。
今年はテーマを設けました。「島の色々な生き物」です。

b0013917_172968.jpg


作家名とタイトルです。()内は子供さんの年齢です。上段左から

★島しまかいしゃwithにじたま(4才男の子、7才女の子):虹日和だニャー※前面に猫と虹
★アオバケ(5才男の子):ヤギどんヤギお母さんヤギ赤ちゃんウミガメ※前面にヤギの家族
★KEI-ICHIAMI(4才、2才の姉妹):輪
★神津鼓太瑠と母と弟(3才と1才の男の子):テトワから木々
★くりんとしゅうや(5才男の子):なぐらアンパルに行ったよ!
★Oogomadaraともこ&ふくね(4才女の子):いしがきじまのいきものたち


今年は10月に名古屋で生物多様性国際会議が開かれます。
そういうわけで、今回は日本はホスト国なのです。(原発推進してちゃだめだよ〜!ミツバチの羽音

「いろーんな生き物が生態系の中でイキイキとしていられる世界を受け継いでいこう!」
そんなメッセージを、子供たちのこれから伸びようとするパワー&お母さんの優しさのコラボに
重ねて見ることができました。かわいい作品をありがとう!!ひとつずつ、今後紹介していきたいと思
います。

さて、第二回石垣島フェアトレード祭り、お話会以後は更にたくさんのお客様にフェアトレード商品を
実際に手にとって頂く事ができました。本当にありがとうございました!
b0013917_1522158.jpg


フェアトレードという貿易(お買物)の方法が、寄付以上に国際貢献となると言われている点は、
やはり現地との対等な関係にあると思います。以下、ちょっと極端な例ですが…

例えば、労働条件が人間的でなく、生産者が価格決定に参加できず搾取されてしまっていて、
更に現地の環境汚染や開発を進めながら大量生産された、ある大企業の商品(更に収益を使っ
てオーナーが戦争を支援していたりする)。生産に石油資源などを燃料や原材料として多く使用。
それに、ちょっとだけ寄付がついている。

これに対して、
まず対等な関係として現地生産者とのビジネスがあり、労働条件が人間的で、生産者が価格
決定に参加でき、現地の伝統技術(染め、織りなど)や生活文化(模様、文字など)、自然が保護継承
されながら作られた手仕事品(更に収益を使って、医療や教育の施設が充実)。
手仕事ゆえ、大型機械を使わないため燃料もあまり使用しない。かわりに人を雇用。

もし、私達が現地の人間だったら、どちらが嬉しいでしょう?
さらに、私達の未来に望ましい環境を残してくれるのは??

どちらも実際にある身近にある商品です。
「寄付」の中にはもちろん大変意義深い物もあるので、ひとまとめにはできませんが、多分このブログ
をご覧の皆さんは、手にとった商品の背景と未来へのつながりがどうなのか感じることができると思
います。

私が今回のフェアトレード祭りを準備するにあたり、とても勉強になった事があります。
「フェアトレードは現状を変えるパワフルな市民発の活動」ということ。
これまで、私はフェアトレード品を取扱いながらも、先進国のせいで大変なことになってしまった地域
への支援(対症療法)といった「受け身イメージ」が強かったのです。
でも、フェアトレードは積極的に「予防」をするんだね。反省!!!

・収益で教育が充実→文字が読める。だまされない。貧困の連鎖をたちきる。
・田舎で伝統技術でビジネス→スラムへの出稼ぎや児童労働にいかなくてすむ。学校にいける。
・違う民族同士で農業→政府に農地をとられず、市民レベルでの異民族での交流
 →兵役拒否、差別政策に対抗する世論づくり(選挙で社会を変える一歩)

今、ちょっと思いつくだけでもこれだけあります。三つ目はパレスチナの例です。

また、これらの遠く離れた地域の事例は、私達が足元に抱える問題を考える時に参考になります。
日本国内でも「コミュニティトレード」という言葉も聞かれるようになりました。

私達市民は、実は巨大企業や国とかより主導権を握れる存在なのかもしれません。

またフェアトレードはエシカル(倫理的)なだけでなく、お楽しみもついてきます。
おいしい、きれい、かわいい!とか♪ 
今後とも皆さんと楽しんでいきたいと思います。

よろしくお願いしまーーーす!!
[PR]
by kurin-nachu | 2010-05-22 15:40 | イベント報告

石垣島フェアトレード祭り☆報告その1

5/8(土)、第二回石垣島フェアトレード祭りは、小さいスペースながら盛り沢山の内容で、
沢山のご来場がありました。主催者として、行き届かない点も多々あり反省もしていますが、
おかげさまで沢山の方にフェアトレードについて知って頂けたと思います。
ご来場の皆様、ご協力頂いた皆様、本当にありがとうございました!

●フェアトレードのガーナビーズとバングラデシュの麻ひもを使ってのストラップ作り。
このワークショップは母の日前日とあって、大好評でした♪

b0013917_1751330.jpg


出来上がると、ガーナ支援交流会のみなさんが、ガーナの言葉で「よくできました〜!」
手を叩きながら「も♪も♪も、も、も♪」といいます。参加者も一瞬、きょとん!?


●景品付きクイズも実施!展示をよく見ると、答えが含まれています。3問全て正解すると、
くじ引に参加できます。最初の正解者の男の子(親子で解答)が、なんと1等を当てました〜!
b0013917_1771781.jpg

1等(10名様分用意)は、フェアトレード雑貨を10点用意した中から先着順に選んで頂けるようにしました。
今年参加できなかった方、ぜひ来年はクイズに参加して当ててくださいね!

●フェアトレード、国際協力団体の方より石垣島の皆さんへのFAXメッセージが到着!
現地に出向き、活動していらっしゃる方たちです。

・パレスチナ子どものキャンペーン 中村哲也さん
・パレスチナ・オリーブ 皆川万葉さん
・ピープルツリー/フェアトレードカンパニー 村井香月さん
・第三世界ショップのみなさん 

b0013917_1782143.jpg
 

お忙しいところ、メッセージをくださった皆様、ありがとうございました!
メッセージの内容は後日、掲載させて頂く予定ですが、今日はお一人だけ紹介致します。

………………………………………………………………

石垣島の皆様へ
パレスチナ・ガザ地区は2008年末の軍事侵攻のダメージに加えて厳しい経済封鎖も続き、
市民は未だ苦しんでいます。私も来週から再度ガザを訪れ支援活動を進めていきます。
皆様もどうかガザのことを忘れないでください。

パレスチナ子どものキャンペーン事務局 中村哲也

………………………………………………………………

フェアトレード祭りの前日、中村さんの声を初めて電話でききしました。
(それまでは、他のスタッフの方とお話していました。)
新聞記事などで活動を読んで、中村さんを知ってはいたのですが、
とっても優しい声の中に、落ち着いた奥に秘める力強さを感じました。
たとえ、どんなに多くの人に批判され情報を浴びせられても、きっと動じない。
まだ20代なのに、私よりずっと大人な感じがして、正直、驚きました。
行動し、自分自身の目で見て、考えてきた人。
私は、まだまだですが、そんな人達とつながっていき、皆さんにご紹介できたらと思います。

中村さんが活動するのは、パレスチナの人たちが住む地域でも、最も過酷な状況にあるガザ地区。
平均年齢17才のこの地区から「パレスチナ子どものキャンペーン」を通して届いた手刺繍製品を並べました。
とてもきれいな刺繍です。復興がすすまない中、女性達が手仕事をしています。
b0013917_1745231.jpg


それと、「FREE パレスチナシール(画像:奥の商品)」「封鎖解除シール」も並べました。
このシールの意味は…

イスラエルがガザ地区を分離壁で包囲して、人や物資の流れを遮断し、一般市民をまきぞえにしながら
兵糧攻めにしています。
(理由はテロがいるから。でも、このやり方だと武装勢力は逆に支配を強めてしまっているそうです。)
この兵糧攻めは、「集団懲罰」という国際法違反なのですが、アメリカがイスラエルを支援している
ことなどから、なかなかやめさせることができていないのが現状。
「封鎖解除」を世論にしていこう!という動きがあります。
皆様もぜひ、ご自身で調べてみて、ご賛同いただけたらご協力ください!
イスラエルを支援している企業がどんなところなのかを知って、製品を買ったり、利用しようとする前に、考えることも大切だと思います。

商品の代金は、生産者への支払いの他、パレスチナ子どものキャンペーンの活動費にもなります。
復興支援には、家族をなくしたり、恐ろしいトラウマから抜けられない子供たちの心理ケア活動もあります。
これは、傷ついた小さな心が安易に武装勢力に頼ってしまうこと(新たなテロを生む)を防ぐ意味もあります。

世の中の戦争中毒者(軍需関連産業、その株に投資している人や政治家)たちは、新たなテロが生まれれ
ば生まれるほど儲かる仕組みになるので、大義名分を作り出しては民意をあおって戦争を正当化してきた
歴史があります。その大義名分の理由の真偽は定かでない事は、いつも戦争の後にわかるんですよね。

フェアトレードの中には、こういった現状を変えていこう!というパワフルな意思表示も含まれています。
パワフルだけど武力には頼らず、犠牲や痛みや悲しみが伴わない。逆に優しさや人間性が広まっていく。
解決策として、こんな方法もある!ということが広まるといいと思います。


もりだくさんの内容は、まだまだ続きます♪
次の日記には、ジェンベ演奏やお話会、親子コラボアートTシャツ作品展を掲載します♪

しゅうやが帰宅したので、夕ご飯準備しまーす。
[PR]
by kurin-nachu | 2010-05-10 17:10 | イベント報告

フェアトレード祭り、ありがとう

昨日の石垣島フェアトレード祭り、たくさんのご来場をありがとうございました!
現在、画像をアップするための準備中です。

今日は、しゅうやくんも休日なので、しっかり子育て。
後日詳しくご報告させてくださいね。
[PR]
by kurin-nachu | 2010-05-09 14:02 | フェアトレード

フェアトレード祭りの準備

ゴールデンウイークも終わり。
皆様、楽しい休日を過ごされましたでしょうか?
なちゅらる宇宙人ゆいロード店へも沢山のご来店ありがとうございました!!

私は数日間、一人の時間を与えられ(しゅうやがばあちゃん家にお泊まりに)、
今週土曜日のフェアトレード祭り(会場:ゆんたく家)への準備期間をいただきました。

今年は、幾つかのテーマの世界的現状と、それに関わるフェアトレード品を一緒に展示する
という試みもあり、ゆいロード店でも各スタッフでテーマを割り振りました。
私は、「パレスチナ」つまり、「平和問題」担当。国境の島、八重山としては関連のあるテーマといえます。
受験勉強並みにがんばったつもりですが、長々とした文章を展示しても会場では解りにくいので、
そこを普段お店で商品につけるポップのように簡単に簡潔に表現できるか…まだ苦心しています。

今日は、祭り会場に展示される親子コラボTシャツ作品の提出もありました。
こりゃ、私がほしい!
力作!!!でしたよーーーー!!お楽しみに!!!
[PR]
by kurin-nachu | 2010-05-06 17:58 | 八重山生活