<   2018年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

女性装の東大教授・安冨歩さんから宇宙人以上の衝撃を受け、東松山に引越しました。

女性装の東大教授・安冨歩さんから宇宙人以上の衝撃を受け、東松山に引越しました。


#こどもを守ろう!

「学び」に順位やジャッジ、押し付けは不必要。

「良い子でいなきゃ」「優秀でなくちゃ」という思い込みは、結局、原発や戦争、環境破壊、悲しい事件につながっているから。


b0013917_23061002.jpeg


※写真は10/14 つくばでのNPO法人アサザ基金主催 緊急シンポジウム「アサザの絶滅に再生を誓う~私達の世界湖沼会議~本会議では語られない霞ヶ浦の真実」にて。私の今回の引越しにつながる、大きな衝撃を与えてくださった、安冨歩教授と。ホワイトボードの龍の絵は、アサザ基金代表の飯島博さんによるもの。




こんにちは。なちゅらる宇宙人(屋号)の金田慶子です。


私は2012年6月に、初めて宇宙船コンタクトに参加して、これ以上の衝撃は一生のうちにもう体験しないだろうと思っていましたが、違いました。


2018年7月に、安冨歩さん(女性装の東大教授として、TVなどにも出演)が、東松山市長選に立候補。七夕の日に、最終演説を生で聞いて、集まった人たちと一緒に街をパレードしてからというもの、安冨さんや、安冨さんの周りの方たちに触れることで、毎日のように自分の考えが更新され、ブログ記事をかくといったアウトプットが全く追いつかなくなりました。


そして、安冨さんが選挙で発信してくださっていた情報がきっかけとなり、私は家族で暮らす新しい部屋を見つけ、8月29日に埼玉県東松山市に引越しました。


ほとんどの友人に引越しのことは話してきませんでしたが、たまたまタイミングがあった人に伝えると、「逗子なんて良いところにいたのに」とたくさん言われました。


確かに、逗子は海も街も素晴らしかったのですが、それを越える理由がありました。


こどもたちを守りたかったから、です。


その経緯を、報告したいと思います。




安冨歩教授の型破りな東松山市長選


2016年より、安冨さんの話をイベントや動画で聞いたり、読んだりしてはきましたが、安冨さんがこれまでの主張を、体を張って実践している場に立ち会うのは、この七夕の日が初めてでした。


b0013917_23043775.jpeg


ただでさえ、ありのままの自分を表現しているだけで、白い目を向けられがちな安冨さん。著作「ありのままの私」には、その恐怖を乗り越えながら、1年かけて女性装で街を歩けるようになる様子も描かれていますが、「選挙に立候補」なんて、ほとんどの人も怖くてできないこと。


b0013917_22565837.jpeg
安冨歩さんの著作 『ありのままの私』の帯

しかも、強力な地盤を持つ現職を相手に、強烈な批判を覚悟してでも、安冨さんが組織の支援もなく選挙に出たのには、大きな理由があってのこと。

こどもこそが未来。

こどもの視点にたつことが、世の中の諸問題を解決に導く唯一の方法だから。


b0013917_23403170.jpeg


※安冨さんの選挙ビラから一部抜粋


・学校は、こどもを守る基地であるべきです。教育とは、こどもの自発的な成長をささえることです。


・経済発展で失われた武蔵野の自然と風景を再生しましょう。復活させたホタルをまちじゅうに広げ、なつかしい景色を取り戻し、こどもたちの楽しい遊びをつくりましょう。


・古民家や空き家を市が借り上げてなおし、芸術家や音楽家を招き、すてきなホテルやレストランに。そうすれば、誰もが東松山にあこがれます。


・まちの中心部は、自動車を制限して馬車を走らせ、人々の集う「みち」をつくり、定期市や祭りでにぎやかに。人々が小商いや芸術で生きる道を開きます。




「こどもを守り なつかしい未来をひらく」


安冨さんは、言葉で伝えるだけでなく、馬を連れて歩いたり、カーネギーホールで演奏するほどのちんどん屋アーティストを招いて、お集まりの皆さんと一緒に「ちんどんパレード」で街を練り歩いたりしました。そして、音楽監督の片岡祐介さんの他、常に優しさ溢れる音楽が周囲を包んでいました。


シャッター街で、昼間は人があまり歩いていない街に、輝きが生まれていました。

こどもたちも、年配の方も嬉しそうでした。


なお、馬を連れての選挙をばかにする人もいたのですが、馬は本来、人間の暮らしを助けるもので、癒し、災害救助、農耕、教育、観光にも大変役にたつものです。各地でその効果は報告されています。


選挙の結果は、自公が推す現職に敗れてしまいましたが、もし、安冨さんが市長になって上記の政策を実行していたら、大きな話題となり、観光客も集まり、世界的に注目される街となっていたと思います。


残念ですが、安冨さんは「人々の意識を変えたかった」と言っており、そういう意味では、意識を変えられた人が約7000人(得票数)もいて、大きな意味がありました。


私も、この選挙に生で触れて、やっとマイケル・ジャクソンや、安冨さんがずっと伝えてきたことが、本当の意味で響いたんです。


b0013917_23095657.jpeg

安冨歩さんの著作 『生きる技法』『マイケル・ジャクソンの思想』


「世界のあらゆる問題は、こどもたちを守ることでしか、解決に導けない。」


みなさんも、一度はきいたことがあるかもしれません。

私も、この考えに賛同はしていましたが、本気で聞いてはいなかったと反省をしました。


「今の学校システムは、こどもたちを段階評価で区切り、無用な劣等感、その裏返しの優越感を与えている。」


「自主的ではない、やりたくもない勉強を押し付けるのは暴力。それを我慢する癖がつくと、支配されやすい体質となり、身近な人から国の暴力まで、しょうがないと諦め苦しむことになる。」


こういった理由から、今の学校教育は変えなくてはならないという話は、これまでも色々なところで聞いてきました。それでも、息子が学校に行かなくなった当初は「頑張って、学校に行こうね」なんて声をかけてしまっていました。

また、息子が学校に行かないことを応援できるようになった後も、「人それぞれ」という都合の良い言葉に頼って、この問題について考えることを避けていたと思います。


また、私が本気で向き合わなかった理由が他にもあります。


私は、原発や戦争、環境問題などのほうが、今すぐ取り組まなきゃいけない優先事項だと思いこんで、20代の頃から活動していたからです。


石垣島で店舗経営をしていた時も、フェアトレードやオーガニック商品を扱っていたし、それと平行して、プライベートでも沢山の環境イベントを、仲間たちと開催してきました。


b0013917_23124514.jpeg
なちゅらる宇宙人 ゆいロード店にて スタッフのみんなと


私が宇宙船コンタクトをやるのも、私のサイトをご覧いただいた方は、よくご存知かと思いますが、戦争や環境問題に関わることだからです。


もちろん、これらのテーマは大切なことです。今後も関わっていくつもりです。

ですが、それが、どこから発生しているか元をたどってみれば、こども時代であり、学校教育です。


20年以上、おおもとの重要性に気がついていませんでした。


なんという衝撃!




暴走する人、黙認する人を生み出す学校教育


「悲しくて泣いている子がクラスにいるのに、授業なんか進めちゃいけないんです。」


安冨さんが東松山市長選で、道行く人たちに訴えたことです。


これをきいて、


「そんなの、仕方ない。授業が進まないと大変だよ。」


って思われたかもしれません。


ですが、困っている人たちをほっておいて、どんどん原発や戦争の準備、環境破壊、格差社会を進めていく大人たちの現状に、とても似ていませんか?


こんな姿勢で成果を求めるのは破滅への道だということは、安冨さんが、長い間、研究してきてわかったこと。


「どうせ、学者さんの机上の研究でしょ?」


と言う方にお伝えしたいのが、安冨さんは、実体験をベースに研究を続けてこられたことです。


安冨さんは、京都大学経済学部を卒業したあと、住友銀行に勤務したエリート。そこで体験したのは、「バブルを起こす仕事」で、その愚かな行為に耐え切れず、2年半で辞め、大学院に行き「なぜ優秀な人たちが、人々を不幸に招く暴走をしてしまうのか」という研究をしました。1997年に博士号を取得されています。

『「満洲国」の金融』で第40回日経・経済図書文化賞を受賞。安冨さんの著作に「満州暴走 隠された構造 大豆・満鉄・総力戦」などがあります。


b0013917_23135591.jpeg

安冨歩さん 渋谷でのイベントにて 2018.9.30


不幸な暴走といえば、私たちが身近に感じるものとしては、原発推進があります。


安冨さんは、ご自身もエリート街道を歩んだことで、周囲のエリートと呼ばれる人たちの多くがどんな感覚でいるのかも、よくわかるそうです。


エリートというと、一般の人からは何不自由なさそうに見えますが、常に崖っぷちにいるようで、なんとしてでも勝たねば(成果をおさめなければ)、奈落の底に落ちてしまう恐怖感を持つ人が多いそうです。


その感情が自分に向かう人は自殺衝動や病気になるし、外にむかうと、人を蹴落とし、成果をあげようとする。攻撃的になる。人によっては、自分の立場を守るためなら、嘘をつく。


その根源には、「どうせ自分はだめな人間だ」という、隠れた自己嫌悪がある、といいます。

それを感じる恐怖を克服するために、エネルギー全開で、成果を出していく。人間的な感覚を無視することに慣れ、やがて麻痺し、感じなくなっていく…。


エリートほどのエネルギーの大きさでないにしろ、たいていの人に多少なりとも自己嫌悪はありますよね。


みなさんが自己嫌悪を最初に感じたのは、いつでしょうか。


学校で「求められている何か」ができなくて、自己嫌悪を感じたことのある人は多いのではないでしょうか。


ある、限られた能力のみ(押し付けられた5教科)を点数で評価する今の学校のシステムは、自己嫌悪(またはそれの裏返しである優越感)を刷り込み、増幅させる装置ではないでしょうか。


学校ではなく、親が大変だったという人もいるかもしれません。


でも、そういった親の多くは、「勉強ができなくてはダメ」「テキパキできなくちゃダメ」と、やはり学校教育で刷り込まれて大人になり、そういった価値観で子供を裁いて、自己嫌悪を刷り込んでいたと思います。


今の学校教育は、暴走したり、それを忖度したりするエリートだけでなく、彼らに異議を唱えず、見て見ぬふりをする人たちも、同時に育てていると思います。


自分で考えることもせず、いい人でいようとする人たち(ニュースを鵜呑みにして正義を振りかざす等)、本当は違和感を感じていても周りに同調してしまう人たちも沢山生み出していると思います。


・いうことをちゃんとききましょう(押し付けを容認)


・正しいおこないをしましょう(正解を求める)


・みんなとなかよくしましょう(波風たてる勇気がない)


これが守れる子が「良い子」で、良い子でないと、先生や親や友達に認めてもらえない。


そんな刷り込みと、自己嫌悪がセットになった教育を続ける限り、原発も戦争も環境破壊もとまるはずがないと、安冨さんから学んで、改めて思いました。


「今のままじゃだめなのはわかったけど、では、どうしたらいいの?」


私も、学校教育での価値観を刷り込まれてきたうちの一人として、だからこそ、そこから抜け出すためのアイデアを、日々練っています。


これについての指針を、安冨さんは選挙でも語ってくれています。


それは、「こどもの声をききましょう」


私たち大人は、すでに刷り込まれてしまっているからです。


こどものほうが、わかっています。


ぜひ、こちらの動画を視聴していただきたいです。



20180703 安冨歩 東松山市長選挙街宣1こどもを守る




東松山では、私のこどもの声もきける!


東松山市長選投開票日の翌日、私が当時派遣で働いていた職場と同じ建物内のスタジオの公開生放送に安冨さんがゲスト出演されることになり、ガラス越しですが、見に行きました。


b0013917_23162408.jpeg


その頃から、毎日、通勤時間などに、安冨さんが出られている過去のYoutube動画や、ご本人のリアルタイムのツイッターをみるようになりました。


どれも、必ず新しい発見と衝撃があり、数年前のコンテンツでも、とても新鮮でした。


最初は、こうやって勉強しているだけで満足していたのですが、何かお手伝いできることがあれば、ぜひ参加したい、「こどもを守ろう」を一緒にやりたい!と思うようになりました。


そんな時、安冨さんが演説動画で「東松山は道も、家も、空も広い」というようなことをおっしゃっていて、本当かなぁと物件検索をしてみたら、当時暮らしていた逗子の家賃と同じで、部屋の広さは2倍!具体的にいうと、2Kに家族でちまちま暮らしていたのが、3LDKで伸び伸びくらせることがわかりました。しかも、息子がずっと飼いたがっていたペットも可!

自分のこどもの声を、しっかり聞くことができるとわかったんです。

というわけで、7月下旬、すぐに部屋を見にいくと、玄関にこんな紙がありました。



b0013917_23164243.jpg


クリーニング済 おそうじセンター 2018.7.7

と、あります。ちょうど7月7日は、私が安冨さんの東松山市長選最終演説に行った日。私の心も、新しい部屋も、この七夕の日にクリーニング完了というわけでした。宇宙人らしいシンクロニシティです。笑

お部屋も予想以上に広く、見晴らしも良かったので即決でした。

あの日、東松山の街で、安冨さんのちんどんパレードに皆さんと参加して見た景色…街の人の心の扉が開いてくれた瞬間は、これまで見たどんな景色よりも美しく衝撃的でした。


まさか、この街に住むことになるとは。




誕生日に純セレブスピーカーと初対面、初視聴♪


引越し日の当日から、私が予想していた以上の怒涛の日々となりました。

引越し前は、ツイッターや動画をみるだけでも日々自分が更新されていたのですが、引越し後は、生で安冨さんや、周りの方たちと会うようになったので、感銘の深さや広がりがさらに大きくなっていきました。

もう、走りまくって、やっと、やっと気持ちを追いつかせる感じでした。

私は宇宙Loveプロジェクトというインターネット講座を運営しており、参加メンバーの皆さんと、月に2回グループスカイプでお話をしているのですが、私の変化の度合いに、みんなもリアルタイムで驚いていました。


8月29日は、敬愛するマイケル・ジャクソンと私の誕生日なので、この日に引越しを合わせたのですが、なんと安冨さん、そして一緒に活動されている音楽家の片岡祐介さんが共催されるイベント日も重なりました。家から遠くない会場だったのですが、引越しが長引いて、最後に解散する直前に、ご挨拶だけ行くことができました。


イベントは「純セレブスピーカーを楽しもう」


b0013917_23171918.jpeg

お二人が開発する、純セレブスピーカーは、ダンボールを使って手作りできるものなのですが、作り方によっては、1万円くらいの材料費で、定価350万円のスピーカーと類似の音を出します。(ツイッターで実験結果を披露してくださった方がいます。)

しかも、ペイントも自由にできます。画像中央は、安冨さんによるペイントのものです。

「思い込みを疑う」「きちっとやるのが良いわけではない」といった数々のメッセージを持つこのスピーカーに、ずっと興味がありましたが、この8月29日に初めて生の音を聞けました。


立体感がありながら、上品でとても柔らか。大好きになりました。


人を革命にいざなう、社会的に意味の大きなスピーカーです。




「こどもを守ろう」を掲げる政治家・上野はづきさんの誕生


9月上旬は、安冨さんの「こどもを守ろう」という考えを引き継いで、選挙に出られた方があり、私も選挙活動メンバーの一人として参加させてもらいました。急遽だったため、あまり凝ったことはできませんでしたが、絵や文字を描かせてもらいました。


選挙の結果、「こどもをまもろう」のみを掲げた世界初の政治家、滑川町議会議員・上野はづきさんが誕生しました。トップ当選でした。


b0013917_23175056.jpeg


安冨さんは「自分の選挙は破れたけど、出馬したのは無意味ではなかった」と喜ばれていました。私も、超微力ながら、この滑川ファンタジー化プロジェクトに関われて、本当に嬉しかったです。

はづきさんをはじめ、選挙活動に参加された皆さんと沢山お話できて、考えさせられることもあり、本当に刺激的な日々でした。


少しですが、こどもたちとも接することができて、やはり、大人の私が教えられました。




月の祭り展 「絵だけをやると、浅くなる」


また、この選挙を通じてお友達になった古民家ギャラリーかぐやさんの展示「月の祭り展」に、息子も一緒に参加させてもらいました。


絵を預けて数日後に行ってみると、なんと安冨さんの絵のとなりに、私と息子の絵が展示されているではありませんか。おそれおおい…けど、うれしい!


b0013917_23185202.jpeg

安冨さんは、研究だけではなく、作曲をしたり、演奏したり、絵も描きます。作品が研究と連動しているそうです。私の息子へのアドバイスは、「絵だけをやっていてはいけないよ。浅くなってしまう。」


b0013917_23272824.jpeg

月の祭り展 クロージングパーティで、ふと気がつけば、「ガリレオの月」シリーズを描いていた安冨さん。

右奥に飾れらている月が、今回展示された「ガリレオの月」。




片岡祐介さんのライブ配信に出演~良い音を奏でるには


9月22日は、ついに純セレブスピーカー製作キット(ハンダ付けできない人でも組み立てだけで完成)が通販スタート! 14:00を待ち構えて、一番乗りで購入しました。

この革命の一部になりたかったからです。


その後、せっかくなので組み立てる様子を動画に撮影させてほしいというと、片岡さんに指導をうけながらやるのがいいのではないか、という話になり、10月4日に待ち合わせて伺ってみると、片岡さんとの行き違いで、撮影ではなくライブ配信ということになりました。


私が初出演させてもらった動画はこちらです。

純セレブスピーカーを組み立てまSHOW!(その1)




純セレブスピーカーの音の良さが伝わります。

そして、音楽家の片岡祐介さんが、いかに音と人を繊細によくみていて(聴いていて)、きれいな音を響かせるか、真摯に研究されている様子が伝わります。


ご一緒させていただいて、本当に恐縮でしたが、すごく私の心に響いた出来事でした。


b0013917_23210986.jpeg


後日、安冨さんのライブ配信で「これは老荘思想のスピーカー」との解説があったのですが、それを見ていて、ある考えが浮かびました。


純セレブスピーカーを響かせるということ

= 私たちが「みないふり」「それは仕方ない」といったごまかしから抜け出して、麻痺した感覚をとりもどして、振動できると、社会も柔らかで綺麗な音を鳴らし始めるということ


片岡さんと一緒に、ダンボールに多種多様な紙(=多様な私たち、ひとりひとり)を丸めて詰めた経験からの発想です。


社会に柔らかで美しい音を響かせるための活動は、安冨さん、片岡さん、新たに出会えた皆さんに刺激を受けながら、多方面で計画しているところです。


私が東松山に引っ越した経緯の報告、とても長くなりましたが、最後まで読んでくださってありがとうございました。


東松山近辺で、皆さんにお会いできる楽しいワークショップも開催したいですね。


良い音を奏でられるような…♪



※2018年11月25日(日)午後 東京の大学で、安冨歩さんと片岡祐介さんが、純セレブスピーカーのイベントを企画されているようです。


金田くりん慶子 keikokaneda@icloud.com


★なちゅらる宇宙人のサイト 

http://nachu.jp


★宇宙Loveプロジェクト11期 

http://nachu.jp/universe-love-project/


b0013917_23420310.jpg


 



[PR]
by kurin-nachu | 2018-11-03 23:29 | こどもを守ろう